医院コラム

日本歯周病学会認定歯科衛生士②

当クリニックの歯科衛生士が日本歯周病学会の認定歯科衛生士の試験に合格しました。当クリニックからの合格は2人目になります。

この学会で認定歯科衛生士になるということは、非常に大変なことで、平成2018年10月時点で1,119名(千葉県では59人)の日本歯周病学会認定歯科衛生士が誕生しておりまして、現役の就労歯科衛生士が全国で12万人になりますので、認定衛生士はわずか1%未満ということになります。

歯周病治療というのは、歯科医師だけが頑張っても成果はでません。患者さんのお口の健康を守る主役は歯科衛生士になります。歯周病専門医と認定歯科衛生士が共に治療とメインテナンスを行うことでより良い歯周病治療が可能となります。

これからも、更なる研鑽をつんで皆さまのお口の健康維持をサポートしてきますので宜しくお願い致します。

日本歯周病学会研修施設

令和元年5月24、25日に開催されました第62回春季日本歯周病学会学術大会にて当医院が日本歯周病学会研修施設に認定されました。千葉県では大学病院を含め5施設目となります。 (3施設が大学病院)

これは、歯周病学の臨床的経験を通して高度な歯周病治療を行うために必要となる基本的知識と臨床技術を有する歯科医師(認定医、専門医)を育成するとともに、歯周病学の発展及び向上を図り、もって、国民の健康の増進に貢献することを目的とする施設となります。

歯周病指導医として、また研修施設として微力ながら地域に貢献していきたいと思っております。

今後とも宜しくお願いします。

お花

先日、患者さんからとても綺麗な薔薇のお花を頂きました。なんとお庭に咲いているお花だそうです。すてきなお庭ですね。

さっそく受付等に飾らせて頂きました。

ありがとうございました。

令和の挨拶

平素より、鈴木歯科クリニックをご支援頂き誠にありがとうございます。

5月1日より新元号「令和」がスタートしました。地域の皆様の「健全な食生活」を支える総合的な歯科医療機関を目指し、新しい時代においても生涯にわたって口腔内の健康を維持できるための医療を提供いたします。

今後新しい時代においていろいろと変化していったとしても、医療、歯科医療の基本となるものとして守るべきものは守りつつ、日々進化して変えていかなければならないものは挑戦し成長し続けることができるよう頑張っていきたいと思っております。

令和の時代が、皆さまにとってより良い時代となります事を心よりお祈り申し上げます。